筏blog

気をつける。

毎年恒例ゴールデンウィークに物申す

今年もゴールデンウィークがやってきました。
何回か書いてますが、日本における公休日は「休みが取りにくい社会だから公休日を設けてみんな一斉に休もう」という文化です。

そういったアンバランスなことをするとどこかでしわ寄せが生じてしまうものです。

僕も今年は特に「みんな一斉に休む」ということのあおりを受けています。
休み前の駆け込みで業務が集中してつらいっす。

持ち込む人たちもきっと忙しいのでしょう。

そしてそれは日本のどこにでもある光景なのではないでしょうか。

仕事が一気に集中すると品質も効率も落ちます。

終わったんだか終わってないんだかびみょーな感じのまま休みに入っても気がかりでリラックスできないですよね。

そこでミスがあれば休み明けの出社が嫌になりますし。

公休日を減らして各自好きな時に休暇を取れる方が効率的で品質の高い仕事ができるのではないかと思います。

みんなで休むという行為は、繁忙期を無駄に作り出していることでもあります。

公休日の多さは日本の仕事の生産性が低いこととも関係あるかもしれません。

旅行業界も盛り上がるように見えるかもしれませんが、ここに一気に集中するから捌ききれず取りこぼしはあるわ、他の日は休みじゃないから閑散としてしまうわでいいことなさそうですけどね。

そもそも人多すぎて行動しにくいよ。

休みでストレス溜めてどうするの。

 

我々の意識を「休みを強制的に取らされる」から「仕事の効率を上げて休みが取れる状態にする」へと変えなければならないのです。

しかし、新しく「山の日」とさらには「プレミアムフライデー」まで増やされた現状を見ると日本が変わることはまだまだ難しいんだろうなと悲観的に考えてしまいます。

まず、強制的に休みを取らされているということに気づいている人は少ないかもしれません。 

 

ただ忙しくなるからこそ、それをきちんと乗り越えれば評価が上がるというポジティブに捉えることもできます。

僕はその意識で挑みました。

でもなんとかこなしたものの、あまりすっきりした気分にはなりませんでしたが(笑)

なんか抜けてる気がしちゃう・・・。

 

 

bakazee.hatenablog.com

 

bakazee.hatenablog.com

 

広告を非表示にする