筏blog

気をつける。

東京料理「コロッケそば」

京料理とは何か。

他の地方と比べてあまりはっきりとしていないのでイメージしにくいように思えます。

外から人間、文化の流入が多く何でもあるせいなのでしょうか。

僕が東京料理だと思っている食べ物の一つに「コロッケそば」があります。

暖かいそばの上にコロッケが乗っているのです。

ありふれた料理の組み合わせなのにそれまで思い付いた事はありませんでした。

東京出身の友人に教えてもらったのですが、僕はそうゆうものは試すタイプなのですぐ自分で作ってみました。

すると意外にもとても美味しかったのです。

発祥の店で出されているのは実際には普通のコロッケではないそうなのですが、僕はいつもスーパーで売っている惣菜コロッケをそばの上に乗せるだけです。

トースターで表面をサクサクに仕上げるのがポイント。

 

f:id:topbwoy:20170411001349j:image

つゆが染みた下部とまだサクサクな上部の食感のコントラストがたまらない。
僕は食感に恍惚を覚えるタイプなのです。

 

f:id:topbwoy:20170411001359j:image

ほぐれた中身とつゆが混ざり合った部分もまた良し。

 

自分で作るだけでなく駅ナカの立ち食いそば屋で食べた事もあります。

でもコロッケは作り置きで食感が落ちていましたし、つゆに混ざらないように固めに仕上げられていたので自分で作った方が好みでした。

以前マルちゃんのカップ麺でもコロッケそばが発売されていたことがありました。

コロッケの再現度が高くておいしかったです。小さかったけど。

もっとメジャーになるかと思ったのですがそうでもなかったですね。

いつか発祥のお店に行きたいな。

広告を非表示にする