筏blog

気をつける。

「エビスwith ジョエルロブション 華やぎの時間」2017年版

f:id:topbwoy:20170130214935j:image

今年もやってきました「エビスwithジョエルロブション 華やぎの時間」 

缶のデザインは去年と同じです。

最近知ったのですが森田恭通さんのデザインなんですね。

大地真央さんの旦那さんとして知っている方は多いのかもしれませんが、元々著名なデザイナーです。

味は毎回変わっていますが今回はどのような表情を見せてくれるでしょうか。

 

苦味はグレープフルーツのようにはっきりと鮮やか。

炭酸を強く感じさせますね。

でも香りは穏やかです。

ワイングラスに入れればよかったな〜。

今回はベルギーのゴールデンエールのような印象でした。

温度が上がると酸味が出てきて、甘さもよりふくよかになりシロップ漬けのレモンのような味わいが広がります。

小春日和の昼下がり、温室の中で植物に囲まれながら浴びる陽光を思わせるビールです。

今年はより繊細で柔らかに仕上がっていました。

季節のビールを飲んで年月の移り変わりを感じるのもおすすめしたい味わい方です。

 

bakazee.hatenablog.com

 

広告を非表示にする