筏blog

気をつける。

お酒のCMがアニメだから中止に

キリンの缶酎ハイのCMが公開中止になりました。

その理由はアニメが使用されていて未成年に対する影響力が大きいからとのこと。

うーん、どうなんでしょう。ほんとに影響あるのかな?

nlab.itmedia.co.jp

 

このニュースを見て思い出したことがあります。 

過去の記事の中で貼ったリンクなのですが↓

bakazee.hatenablog.com

 

 

これ2回目やないかーい!!

 

 

news.livedoor.com

 

同じくキリンが同じ理由でまたCM中止に追い込まれています。

問題提起の是非は置いておいて、同じ失敗を繰り返すのはどうなんだろう。

 

しかし同じように影響力が大きいように思われるハローキティはお酒のイメージキャラクターに使用されています。 

なんでこっちはいいの?

f:id:topbwoy:20170119225452j:plain

 

これはノンアルコールタイプです。

ノンアルコールとはいえ、未成年への影響力を考えろというならばこれもいかがなものでしょう。

こどもびいる」はもっと良くないと思います。

f:id:topbwoy:20170119225505j:plain

 

これは・・・まあいいのかな?↓ 

リラックマ ラブラブホット 10個入

リラックマ ラブラブホット 10個入

 

 

さらに言うとジャニーズの嵐もお酒のCMに向いていないのでは?

ジャニーズのファン層はほとんど未成年の女の子だと思います。

それとも嵐はキャリアが長いからファンはもう成年に達しているのでしょうか。

今は「足にキスしな2」とか「性的魅力域」だと向いていないのかもしれません。

ってその前にグループ名どうにかしてほしいわ。

 

以上のことを個人的にはあまり問題だと思わないのですが、これを指摘するならばパチンコ台のキャラクターの年齢を18歳以上にする方がもっと重要だと思います。

涼宮ハルヒ」の台があるんですけど16歳の高校生という設定だそうなので、パチンコには絶対不向きだと思うのですがどうでしょう。

いくらアニメが実在しない人物だとはいえ設定で年齢と身分が設定されている以上、実社会に準じた扱いをされるべきではないでしょうか。

パチンコやジャニーズが問題にならないのは「権力の問題」だからなのかなと思ったりもします。

「CR君の名は。」とか出たら笑っちゃうな。

広告を非表示にする