筏blog

気をつける。

今年の初夢はやばかった

みなさん初夢は見ましたか?

 

初夢 - Wikipedia

元日(1月1日)から2日の夜、または、2日から3日の夜に見る夢とされることが多い。

 

2日が本当の初夢って聞いたことがあるのですが、三が日中ならいいようです。

結構ゆるいんですね。

でも覚えていない場合もありますからね。

まあ普段は全然気にならないんですけど、今回は印象的でした。

なかなか残酷でつらかったです・・・。

読まないほうがいいかもしれません。

 

 

夢の中で僕は草むらを走っています。

どうやら狩りをしているようです。

草が枯れていたので秋か冬なのでしょう。

その狩りは少々変わっていて、飼いならしたオウムのような鳥を使い獲物を追い立てるというものでした。

そして激しい羽音と鳴き声が響き渡りました。

猟犬ならぬ猟鳥が獲物を捕まえたのです。

その獲物は首が長い緑色のクジャクかキジのような鳥です。

猟鳥は自分よりも大きな鳥の顔をくわえて捕まえています。

そして僕は走り寄り、まだ暴れている獲物の鳥の首を捕まえて力を込めて握り、締め上げるという夢でした。

しかも鳥の首が脈打つのがリアルに伝わってきました。

心の中で激しい嫌悪を感じつつも、狩りをしているという状況の中ではこれこそが当然の行為なのでやめることができません。

そしてぐったりする鳥を見ているうちに目がさめるというかなり後味の悪い夢でした。

起きると腕がしびれていました。

寝ているうちに腕をベッドから垂らしていていたためです。

そのせいでリアルな脈を感じたのでしょう。

つまり自分の脈動が夢に働きかけたせいでリアルな感覚になっていたのです。

しかし夢の中とはいえ生き物の命を奪うという状況は非常につらかったです。

しかも酉年の初夢なのに・・・。

 

 

bakazee.hatenablog.com

bakazee.hatenablog.com

 

広告を非表示にする