読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筏blog

気をつける。

シェイクツリーのハンバーガーはまるでパーティー!

グルメ カフェ

東京一のハンバーガーとの呼び声高い「シェイクツリー」へ行きました。

f:id:topbwoy:20161216160716j:image

何年も前から行きたいと思っていたのですがやっと行けました。

やっぱり近いとそのうちにしようと後回しになってしまいますね〜。

平日の2時だというのに外には5、6組くらいの待ちがありました。

10〜20分くらいで入れましたが休日だともっと長いでしょうね。

この時期は気温が低いので寒さ対策が必要だと思います。

これから行ってみようという方は注意してくださいね。 

 

ここではSNS等で定期的に話題になる、パンの代わりにパティ2枚で野菜とチーズを挟んだ「ワイルドアウト」というメニューがあります。

肉×肉の見た目はかなりインパクトがあります。

店内をざっと見渡した感じでもそれを頼んでいる人がかなりいました。

でもそれは本来は裏メニューなので基本の味を知ってから食べたほうがいいと思ったので、初めて来た僕は「ベーコンチーズバーガー」にしました。

 

はい、でーん!!

f:id:topbwoy:20161216160540j:image

光沢のあるパン、カラフルな野菜がとても綺麗です。

フライは中くらいの太さ。

ピクルスはバーガーには挟まれておらず、丸ごと1本添えられています。

 

f:id:topbwoy:20161216160548j:image

大きく一口がぶっとかじりつくと、表面が焦がされてクリスピーなパン、新鮮な野菜のシャキシャキ感、挽きの粗いパティのほぐれやすくもしっかりした弾力と食感の面でもすでに賑やか。

そして味はしっかりした肉の旨み、野菜の香味豊かな甘さと辛さ、BBQソースのスモーク風味、ベーコンの旨みが滲み出す塩味、パンの焦げ目の香ばしさが目まぐるしくなだれ込んできます。

もう口の中がパーティーだよ!!

東京一もあながち単なる誇張ではないかもしれない…。

個人的にはこのパンが気に入りました。

身の詰まりがちょうどよく噛み応えがあって、肉汁を吸った部分とクリスピーな部分の対比が素晴らしい。

他のお店はもっと軽い食感が多いと思います。

珍しいところではシェイクシャックのもちっとした物もありますね。

ただチーズの存在感があまりなかったのが残念でした。

後半にはちょっと物足りなさも感じてしまったのですが、テーブルに置かれているケチャップかマスタードで味に変化をつけるといいでしょう。

トッピングでチーズ、サワークリーム、ハラペーニョあたりを入れるでも良さそうです。

あとポテトが普通すぎるのとドリンクもあんまり大したことはないかな。

それでもセットで1300円は安い部類だと思います。

サイドの質も上げたらもっと払ってもいいですね。

でも通うとなるとこのくらいがちょうどいいのかな〜。

 

帰りに大通りに出るとマキネスティのすぐ近くだということに気づいたので、食後のコーヒーを飲むことにしました。

f:id:topbwoy:20161216160556j:image

はちみつニッキマキアートを注文。

名前はうろ覚え。

たっぷりのシナモンの香りにハチミツとミルクの柔らかい甘さが神経を鎮めてくれます。

底に溜まったザラメの濃縮された甘さでフィナーレ。

デミタスカップで食後にはぴったりです。

ここはいつもあまり混んでいません。

本当に近いので帰り際に寄って欲しいな。

 

もしこの記事を読んでシェイクツリーへ行こうと思った方はぜひマキネスティにも足を運んでみてください。

シェイクツリーのハンバーガーはボリュームがありますがバランスが良いのでもたれることはないでしょう。

食後にここのコーヒーでゆったり過ごすととてもいい時間と味覚のコンビネーションになると思います。

さらに時間の使い方を提案させてもらうならば、まずシェイクツリーでポテトを少なく頼んでおいてもっと胃に余裕をもたせます。(半分で十分です)

それから近くを散策してみてください。

ムーミングッズのショップがあります。

PEIKKOアンテナショップ|■ご案内・各種情報■

 

大江戸博物館もありますし北斎美術館もオープンしています。

hokusai-museum.jp

 

そうしてしばらく時間を過ごした後にマキネスティのアップルパイとコーヒーで一息つくともう完璧な休日になること間違い無し。

ここのアップルパイの美味しさは保証します。

bakazee.hatenablog.com

 

あー明日また行こうかな(笑)

広告を非表示にする