読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筏blog

気をつける。

トランプ大統領を危惧するよりも日本は前からやばいぞ

社会

トランプ大統領の保守的、排他的な姿勢を非難したり今後の世界情勢を危惧する人が後を絶ちません。

ユニクロの会長もまた然り。

business.nikkeibp.co.jp

 

でもこの方自身も厳しいことで有名ですよね。

店舗従業員も製造国での労働環境もかなり過酷であると指摘されています。

他人にとやかく言えるんかいなって感じです。

www.nikkei.com

 

柳井さん曰く「泳げないものは沈め」だそうです。

2012年のG.D.Greenbergさんのツイートでこの言葉を知ったのですが、僕はその時こんなツイートをしました。(赤字)

会社ならそれでいいでしょう。ただ社会に必要な言葉は「泳げない者は走れ」だと思います。 RT @G_D_Greenberg: 厳しい経営哲学大いに結構。ただし外に出す言葉には神経を払うべきだ。ユニクロ柳井氏いわく「泳げない者は沈め」。何を言う。多くの「沈んだ人」があなたの店の服を買っているのだ。

 

それは4年も前のことですが、奇しくも今回トランプさん当選の際にアップルコンピューターのCEOが社員に送ったというメール文の中に同じような表現を見つけました。

www.buzzfeed.com

50年前にマーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士が言ったこの言葉を。 『飛べなければ、走りなさい。走れなければ、歩きなさい。歩けなければ、這いなさい。どんな形にしろ、前進し続けなければいけません』 

キング牧師とかぶってた〜(笑)

自分の発言が一気に霞むというか軽薄な気すらします。

50年前から仰っておられたのですね。

 

まあ柳井さんは経営者なので自分の会社ではそうやって発言することが許されるかもしれません。

しかし社会に対して大きく影響力を持つ政治家がそのような思想を持ち発言するのはかなり危険だと思います。

そして日本には資質の面でトランプ大統領以上(以下?)の人がいたことは付け加えておきます。

f:id:topbwoy:20161129231349j:plain

砂時計 on Twitter: "『週刊文春』今週号より。今さらトランプごときでなぜ騒ぐのか。 https://t.co/MyCvGA4DFE"

まあ口だけで行動力がなくてよかった。

しかしなんでこの人がずっと続けられたんですかねえ。

選んだ人は相当やばいぞ。

日本人はアメリカの大統領がどうだ、イギリスのEU離脱がどうだと言う前に自国のことをもっと真剣に考えないといけません。

 

 

 

あとがき

ちなみに僕のツイートはG.D.Greenbergさんにリツイートされたんですけど、そのG.D.Greenbergさんはキング牧師の1日後に生まれたんだって!

単に言葉パクったと思われただろうな(笑)

いろいろと偶然が重なったような感じがしてこの記事を書きました。

 

それにしてもG.D.Greenbergさんはお元気で聡明な方です。

彼の刺激的で鋭い発言には要注目!

日本は、

日本は、

 

 

広告を非表示にする