筏blog

気をつける。

キリン ハードシードル

f:id:topbwoy:20161127201259j:image

キリンの飲食店向けだった「ハードシードル」がボトリングされて最近売り出されていたので買ってみました。

ハードシードルってことはソフトシードルもあるの?って実はあるんです。

それは皆さんご存知炭酸飲料の「サイダー」です。

元々りんごで作った発泡酒の事をイギリスではサイダーと呼んでいたのです。

しかしそれを模したノンアルコールの炭酸飲料が日本では広くサイダーと呼ばれ親しまれています。

その為お酒の方はシードルとフランス語で呼び分けていますが意味は同じです。

 

f:id:topbwoy:20161127201305j:image

ボトリングされたら原材料もわかっちゃいますねえ〜。

やっぱり大量生産品はシンプルな原料とはいきませんね。

飲んでみるとりんごのフルーティーさと発酵した芳醇さが広がる味がします。

ビールが飲めない人にはおすすめですね。

でも飲食店用のはもっとドライですっきりしていたような気がしますけどどうなのでしょう?

気のせいかな〜。

なんか後に口の中に香りが残る感じがします。

 

ベアレンのアップルサイダーはもっとすっきりとした味わいで美味しいので僕はそっちの方が好きです。

値段はキリンよりもやはり高くなってしまうのですが、原料がりんごだけ(しかも1本に2個も使っている)の味と飲み比べてみることをぜひおすすめしたいです。

まあキリンの物は値段もお手頃でどこにでも置いてあって手に入れやすいので気になったら気軽にお試しください。

僕は飲食店であればまた飲んで違いを確かめてみようと思います。

 

 

洋なしも美味しいです。

広告を非表示にする