読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筏blog

気をつける。

映画「シン・ゴジラ」はCOOL JAPAN

映画

f:id:topbwoy:20160904151847j:plain

遅ればせながら「シン・ゴジラ」を観たので感想を書きます。

ネタバレもあるので観てない人は読まないでください。

好きな人はごめんなさい。

 

 

まずシンゴジラのヴィジュアルは公開前に解禁しなかった方が絶対によかったです。

そうしたら劇場で観た時にもっと衝撃的だったのに。

「何あの気持ち悪いやつ!?え、あれがゴジラに!!!!????」みたいに。

何故こんなもったいないことをしたのでしょう。

 

全体的な内容としては「もしも庵野監督がゴジラを作ったら」という感じでした。

もしもじゃなくて実際に作ってるわ!ということはわかっているのですが、「いかにも」感がありありという意味です。

とにかく個人の趣向が前面に出ています。

ちゃっかり奥さんも制作に絡ませちゃってね〜。*1

 

やっぱりエヴァっぽいと思いました。

挿入曲もそうなんですよね?セリフでも福音とか言ってましたし。

なんとか作戦とかのネーミングもそうですね。

まあエヴァはちゃんと観たことがないので語れませんが、そもそも映画タイトルからしてかぶっています。

もうエヴァンゲリオンで倒せばいいじゃん(投げやり)

 

そして僕の嫌いな映画ワースト3に入る踊る大捜査線ザ・ムービー」っぽい。

寒いギャグにわかりやすい役人体質の描き方。

どうせなら青島刑事を主人公にして「何で現場に放射能が流れるんだ!」「ゴジラ凍結できました〜!(泣)」って言わせればいいのに。

 

序盤のセリフがみんな早口で展開も早く、着いていくのが大変でした。

その埋め合わせなのか知りませんが、毎回人物の肩書き、場所や何から何まで入る字幕が過剰。

挿入曲もなくして欲しいです。

悲惨な状況に美しい音楽を合わせるのは邦画の悪い癖です。

引き立てるつもりだろうけど受け取り側の解釈を制限しています。

状況(情況)説明が過剰だと観る側の考える力がなくなっちゃうよ。

 って無いから受け入れられているのかもしれませんな・・・。

僕はそれらに違和感を感じて物語の世界に没入することができませんでした。 

これは洋画のポスターが日本版だとごちゃごちゃし過ぎるという問題にも通じています。(断言)

 

東京湾シンゴジラが姿を表す前の異常兆候時にいきなり「巨大生物では?」って根拠もなく言いだすのが疑問。

研究者でもないし前例も言い伝えなどの知識もあったわけではないのに。

尻尾が出た時にはみんな「尻尾だ!」ってなんで尻尾ってわかんの。

全体像分かっていないんだから細長い生き物かもしんないでしょ。

エネルギー源に疑問が向いた時は「まさか核分裂?」ってだから根拠は?

「本当に恐ろしいのは我々人間かもしれませんね」って・・それ言っちゃう?

あえて最初に言っておく作戦?

「まさかそんな誰でも考えつくことがゴールだと思うなよ?」みたいにその先の深さアピール?

 

竹之内豊のキャラブレすぎ。

初めは自己保身だけのキャリア官僚かと思ったら、国を想っての苦渋の選択を受け入れた葛藤を出してくるし。

なのに最後は総理の好きにしたらいいと言ってしまう。

最後は急に器の大きい人間味あるキャラになったけど、成り行きで首相になった人に国の命運任せんなや。

 

石原さとみはかわいいです。

それはいいんですがキャラが合わない。

彼女にはスノッブな帰国子女が似合わない。*2

典型的なバイリンガルキャラがもはやコントかと思ったよね。

イラッとさせるキャラのせいでかわいさも半減。

かといってあの言葉遣いでは知的さも感じられない。

あれは「日本人」がイメージするステレオタイプ的な「ハーフ」像でありそこから垣間見える島国根性はもはや下品にすら思えます。

 

内閣危機管理監役の渡辺哲さんはシンゴジラに似てる(笑)

 

あと日本の映画ってCGのレベルが悲しくなりますね。

何年経っても進化しているように思えない。

もういっその事アニメにしちゃえよ。

現実と虚構の見分けがつかないようなアニメを目指した方がいいですよ。

それなら向いていると思いますしすごい物が創れるのではないでしょうか。

エヴァではそれが少しできていたはずです。(絵柄とかじゃなくて) 

ゴジラのスケール感の表現もできていなかったと思います。

ゴジラのアップを映すときにヘリコプターで実際に百メートル上昇するようにもっとゆっくり全体を追った方が巨大な感じが出ると思います。

アメリカの「ゴジラ(2014)」で兵隊がパラシュート降下をしている途中にゴジラが映る表現の方がカッコよかったです。

 

あまりにツッコミどころ多過ぎて序盤でもう帰ろうかと思うほどでしたが途中で見方を変えて、ゴジラは東京に大震災が起きたらという例えだと思って観ました。

すると後手後手の政府対応は悲しいかなリアルだし、地下鉄に人が殺到して電気が消えた時は実際そうなるんだろうなと恐ろしく感じました。

というわけで大規模災害への啓蒙作品としてはよかったと思います。 

首都機能移転と人口は分散させたほうがいいですよね〜。

僕も東京在住ですが。

 

そもそもゴジラが出てきた意味があまりわかりませんね。

発生した過程も謎ですし。

それに何より重さがない。

どうせなら福島原発の燃料棒が地下に届いてそこにいた生物に影響を与えたということにすればよかったのに。

そうして福島を見て見ぬ振りをしている僕たちが気まずい思いをすればいいんだよ。

なのに他国の核ゴミ投棄のせい。

アメリカはまた無慈悲な攻撃をしようとしている加害者みたいな描き方はこれまでの歴史を反省していない証拠なのではないでしょうか。

広島の原爆投下後の写真を何の繋がりもなく入れてしまうあたりは酷かったです。

 

倒す時はちょっと痛快ではありましたね。

ビルを爆破したり電車爆弾を使ったり。

f:id:topbwoy:20160904153555j:plain

初代ゴジラでは電車に襲いかかっていましたが、今回は電車で攻撃するという逆転劇がありました。

でも転ばして薬飲ませるって作品ダサくない?

それに転ばせたところで体内に液体って流しこめるものなのだろうか。

喉締めたら終わりじゃん。

まあどうでもよくなっていたので細かい事は別にいいんですけど。

 

結局「日本もやる時はやるんだぜ!COOL JAPAN!」みたいな映画だったと思います。

それが一周回って現在の日本を的確に表してしまっている作品なのだと思いました。

つまりこれが日本という国の全体的なレベルということです。

作中で日本は何度も焼け野原から立ち上がった的なことを言っていましたが、破滅寸前まで行動しない性格だということです。

事後に何かを得たとしても払う犠牲が大きすぎると思う。

もっと早く行動できるようにしないとね。 

 

f:id:topbwoy:20160903002905j:image

自分でも何言ってるか分からなくなってきたので、映画を観た帰りに買ったガルボを食べながら石原さとみさんのことを想う事で気持ちをなだめるしかありませんでした。

スタウトビールと合うな〜。

 

好きな映画が面白くなかったとはいえ「フォースの覚醒」で耐性がついていたのでそんなにショックではありませんでした。

まああれも含め世間ではほとんど好評だということなので、普段は自分の意見は封印することにしておきます。

 

 

bakazee.hatenablog.com

 

bakazee.hatenablog.com

 

bakazee.hatenablog.com

 

*1:批判ではありません。クリエイター同士ですし。

*2:日本という国に謎に心を寄せていたのであえて「帰国子女」

広告を非表示にする