筏blog

気をつける。

ポケモンGO批判

巷ではポケモンGOが大流行ということですが、そのゲームの特性上歩きスマホ、よそ見運転が増えたとか入ってはいけない場所に入る人がいるとかでゲームを批判する人もいるそうです。

しかしそれは"Guns don't kill people,people kill people"

(銃は人を殺さない。人が人を殺す)

と同じ事だと思います。

日本だと刃物でもいいですが。

必要以上に物騒な例えになってしまいましたが、ポケモンGOの問題はゲームではなくてプレイする人間側の問題ということです。

当たり前のことなんですけどね。

 

知人から話を聞くと仕事中や人と会っている時もゲームをしている人がいるそうです。

仕事中というのはもちろんですが、人と会っている時にまでやってしまうのはその場にいる他の人を軽視している行動だと思います。

いい大人がそんな事もわからないのか〜。

自分の欲望がモラルや他人への配慮、時として法律よりも優先されるというのは危険だと思います。

 

ポケモンGOブームはすでに落ち着きつつあるようですが、迷惑行為をしている人達の性質は修正されていない場合が多いと思うのでその人達は別のきっかけでまた同じような事を繰り返すのでしょう。

 

結局のところポケモンGOというゲームによってその人の持つ未熟な面があぶり出されたというのが今回の問題だと思います。

ゲーム自体は画期的で楽しめるものですからね。

 

ポケモンGOをしない僕も別のきっかけで彼らと同じような事をしないように、自分の内面の問題をしっかり見つめて気をつけようと思います。

広告を非表示にする