読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筏blog

気をつける。

ブルーボトルコーヒー新宿カフェ

ヴァーヴの後についでにブルーボトルにも行ってきました。

ここは人多いな〜。 

 

f:id:topbwoy:20160709172747j:image

ルワンダのハンドドリップです。

香りが非常によく出ています。

甘く濃厚なチョコレート、グレープフルーツ、レモングラスのハーブ感。

複雑さはあまりなくとにかく強い香りです。

ブルーボトルは酸味が強いので「酸っぱくてまずい!」と言う人がいますが、酸味は単に好みの問題なのでその点で否定することはできません。

浅煎りである事で酸味が強いのですが、浅煎りである事で同時にこの香りが出せるのです。

もっと深く焙煎すると酸味は減り苦味が出ます。

しかし香りもまた変化します。

豆の個性的な香りを一番引き出せるタイミングで焙煎を止めているので、この酸味は意識的に「選択」された方向なのです。

酸化したことによる酸味ではないので個性だと思って味わってみてください。

 

僕はそれよりも雑味の方が気になります。

口の中にざらつきがずっと残るんですよね・・・。

やっぱり僕は上階にあるヴァーヴの方が好きです。

 

もちろん個人的な感じ方なのでどっちが好きでもいいのですが、飲み比べてから決めて欲しいと思います。

「コーヒー」が好きならいろいろ試してみると楽しいですよ。

どんな立場だよって感じですけど(笑)

ただヴァーヴとブルーボトルの人の入りの違いはちょっと疑問です。

好みというより知名度の問題なのかなと思ったりして。

 

www.newoman.jp

 

bakazee.hatenablog.com

 

広告を非表示にする