筏blog

気をつける。

福島第一原発2016年6月現在


ドイツARD「放射能汚染された土地」2016年3月12日

今一体福島で何が起きているのか。

もう海外メディアを通してしか真実はわからないのかもしれません。

感覚的にですが世間はこの事をもう忘れているかのような振る舞いを見せています。 

忘れたい、見ないようにしている、が正しいかも。

 

一億総被ばくの国家プロジェクト… 8,000ベクレル/kg以下の除染土を 全国の公共事業に!?foejapan.wordpress.com

8,000ベクレル/kg以下の汚染土を、「遮蔽および飛散・流出の防止」を行った上で、全国の公共事業の盛土材等の構造基盤の部材で利用できる方針が決まりました。例として挙げられているのは、道路・防潮堤・海岸防災林・土地造成・水面埋め立てなど。

 

そんな中、国はこっそりすごい事を進めようとしていました。

放射性廃棄物を含んだ土を全国の公共事業で使用する計画なんだそうです。

そんなもん国中にばらまいてどうするんだ・・・。

危険ではない数値の範囲内でってことなんでしょうが、安全な数値が研究者によっても言うことがバラバラだし、都合のいいように基準を変えてくるしで信頼性なんかないよ。

 

反対署名しとこ。

【緊急署名】「8000ベクレル/kg以下の汚染土再利用」方針に反対

 

www.sankei.com

福島第一原発の汚染水を「凍土壁」を作るという方法で地下水への流入を防ごうとしたそうですが、この工法を選んだ理由というのが補助金が使えるから」というのでびっくり。

他に既存の有効な方法があるのですが、新しい技術にだけ国から補助金が下りるそうなのでこっちにしたそうです。

そうやって本来の目的を見失ったらどうなると思いますか?

 

www.iza.ne.jp

 

はい失敗しました〜・・・・。

これで多額の税金も時間も無駄にしてしまいましたね。

事故が起きたのはこういう体質が原因なんだと思うのですが変わっていないようです。

そんな考えで今も管理している場所が全国にあると思うと相当恐ろしいですよ。

東日本は1000年に一度の想定外に大規模な災害だったからとか言っていましたが、そのたった5年後の熊本でも想定外とか言っててこの国は本当にだめになるかもしれない。

どんな状況でも生き抜く能力を身につけるか、脱原発につながる運動に参加して現状を変えるかしかないのかもしれません。

広告を非表示にする