読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筏blog

気をつける。

中国共産党を潰す方法

jp.reuters.com

中国が尖閣周辺をうろつくのはなぜか。

僕は以前から日本国民の分断と米軍基地への依存を強めるためだと思っているのですがどうでしょう。

 

bakazee.hatenablog.com

 

米軍属の男が沖縄で殺人事件を起こしたので、そこから全国へ米軍基地を見直す動きが広がるのを防ぐために威嚇してきたと思えるタイミングです。

中国は日本に米軍基地があって欲しいのだと僕は考えています。

日本と中国が軍事対立した際、アメリカは応戦しないという説もあります。

もし両国が戦争したら核戦争になってしまうかもしれませんからね。

だからこそ中国に強く出れないアメリカへ国防を頼っていられる方がいざというとき中国にとっては有利になるという考えかもしれません。

しかし現時点では国内へのパフォーマンスの部分が大きいのではないでしょうか。

中国国民に「日本が攻撃的なこと言ってきたぞー!」とアピールして中国共産党への不満を逸らす材料にしたいのでしょう。

中国が領土を広げようとしていることは事実であると思います。

しかしその主張は一貫性のあるものではなく時代によって変わっているということです。

それはなぜか。

中国は中華思想によって周辺は全て自国の領土だと思っているというよりも、拡大を続けなければ成長を維持できないという国内問題を抱えているからでしょう。

泳ぎ続けなければ死んでしまうマグロみたいなものです。

中国は繁栄と衰退が表裏一体になっている国なんだと思います。

だから日本は中国の挑発に簡単に乗らず、領土問題には国際法でしっかりと対応し民間同士でも対立を防ぐ必要があります。

中国国民に親切に接して日本を知ってもらうと良いと思います。

そうすると「あれ?日本って悪い国じゃなくね?」と共産党の嘘に気づき国内に不満が向くことでしょう。

それが中国共産党を潰す方法なのではないでしょうか。

自称愛国主義の人たちがやっている事は全く逆の効果しか生まないでしょう。

国を守りたいならば外国と仲良くするしかありません。

広告を非表示にする