筏blog

気をつける。

ごきぶりポーカー

 最近知ったカードゲームです。

 

ごきぶりポーカー

Drei Magier ごきぶりポーカー

Drei Magier ごきぶりポーカー

 

ルール

嫌われ者の生き物8種類が描かれたカードを各プレーヤーに配ります。(2〜6名)

プレーヤーAが持ち札から一枚生き物の名前を宣言してプレーヤーBに差し出します。

その時描かれている生き物とは違う種類を言うこともできます。

つまり嘘をつくのです。

そしてプレーヤーBはそれが本当か嘘かを判断してそのカードを裏返します。

カードの生き物が本当か嘘を見抜いたならプレーヤーAに返すことになり、見抜けなければプレーヤーBに押し付けられることになります。

そうやって一定種類の生き物がたまっていくか、持ち札がなくなるかしたらその人の負けとなるゲームです。

嘘と真実を使い分け、それを見抜く頭脳戦を繰り広げていくので真剣になるゲームだと思います。

 

それを最近教えてもらったのですが、僕は嘘をつきたくないのでこのゲームは好きではありませんしおすすめもしません。(まさかのちゃぶ台返し

でもたかがゲームですし、雰囲気も悪くなったら嫌なので全部本当のことを言うか、カードを見ないで当てずっぽうで宣言してプレイしました。

正直楽しかったです(笑) 

 

「これを出すと嘘、ホントでこのパターンがあって、いや待てよ。どっちにしろやばいじゃん」とか考え出したらキリがありません。

周囲の真剣に悩んでいる姿を見るのは普段と違って新鮮で楽しいですよ^ ^

それにやっぱり性格が出ますね。

1人を集中攻撃したり、目立たずやり過ごそうとしたり。

ほとんどの人が楽しく遊べるゲームだと思います^^

広告を非表示にする