読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筏blog

気をつける。

テレビって未だに「オネエ」出てるの?

mainichi.jp

以前ラジオでLGBTについての放送を聞きながら、ツイッターで「差別主義者は自分が差別してることにも気付いてない程愚か」みたいなことをつぶやいたら「差別って言えば差別になる現状が問題」という返信が来たことがあります。

その後もやりとりしていたら「私は差別しないが区別は必要」「LGBTの人が住むには住民の許可をもらったらいい」「同性カップルを子供に見せたくない」という意見が出ました。

まさにあなたの事を言ってるんだよ…。

他には「海外は差別が激しいが、日本ではテレビにゲイがたくさん出ている」とも言われました。

(広く受け入れられているという意味でした)

僕はそれは寛容や理解とは全く逆だと思います。

日本ではゲイという事を売りにしてテレビに出ているのであってほとんどの人が「オネエ」と呼ばれ、ステレオタイプ的なキャラクターでしか扱われていません。

海外ではテレビに出ている人がたまたまゲイだったという事はあります。

日本はまるで見世物小屋や笑い者にするといったような扱いです。

そんな認識を持っている人は少ないのかもしれません。

 

ただその人が『「愚か」だと断言してしまうのではなく、反対派の意見にも心を広げる必要がある』と言っていたのは確かにそうだと思って反省しました。

その人は議論した後も全くLGBT側に心を広げませんでしたが。

広告を非表示にする