筏blog

気をつける。

女子ウケの悪い恋愛映画

「女って恋愛映画好きだよなー」

 

 

そんなことを脳内に一度留めて検証せず言い放ってしまう人いませんか?

でも女子ウケの悪い恋愛映画ってのもあるんですよ。

それがこれ↓

 

バッファロー'66」

バッファロー'66 (字幕版)

バッファロー'66 (字幕版)

 

ストーリー

刑期を終え釈放されたビリーは、母親との電話でいくつか嘘をついてしまう。いもしない妻を連れて帰らなくてはならなくなったビリーは、通りがかりのレイラを拉致し、妻のふりをするようにを強要する。渋々従うレイラであったが、彼の過去を知るにつれて、次第に好意を持つようになるのだが、ビリーには、5年前彼を陥れたスコットへの復讐が残っていた・・・。 

 

主人公のビリー(ヴィンセント・ギャロ)はわがままでダメな男なんですけどなんか可愛くて憎めない。

そんなところも次第に受け入れて優しく包み込むようになっていくレイラ(クリスティーナ・リッチ)には母性を感じました。

レイラ誘拐されてるんだけどね(笑)

突拍子もないきっかけから始まる非日常的で危ういラブストーリーは普段恋愛映画を観ない僕でも好きになりました。

ベッドに横たわる2人を上から撮ったシーンがあるのですがそこが超キュンとするんですよ!!

マイ・ブルーベリー・ナイツ」のキスシーンより断然ピュア!

 

ほんと最高なので周囲の女性に映画の話になるとまず薦めてみたのですが、ほとんどの人に不評でした(笑)

男の勝手な考えらしいです。

 

はっきり言って異論はない。

 

納得の感想です(笑)

まあ男女がどうとかじゃなくこの映画が観る人を選ぶ作品って感じです。

 

愛に飢えた不器用な人間には好まれる作品なんでしょう。

(ってあれ?) 

 

そしてファッションにも注目したい映画でもあります。

刑務所から出てきた時にビリーが履いている真っ赤なブーツがおしゃれ! 

映像も音楽もかっこいいです♪

ピストルで頭をバーン!ってやるシーンが衝撃的です。

ぶわー!くるくるってなります。(刺激強すぎるかもしれませんが)

 

ちなみに主演のヴィンセント・ギャロはこの作品で監督・脚本・音楽まで一挙に手掛けています。

そんな彼のかわいいエピソードは「足の裏にペットのウサギのタトゥーを入れている」です(笑)

それがもうビリーと人物像が重なって仕方がありません。

自分を反映させているんでしょうね。

 

ヒロインのクリスティーナ・リッチは「アダムスファミリー」での子役時代しか知りませんでしたがその頃とのギャップにびっくり!

とてもセクシーになってました。(多分セクシーの範疇)

 

ココアを飲みながらまた観ようかな。

 

bakazee.hatenablog.com

 

 

ゆれスカちゃんは絶対観て(笑)

広告を非表示にする