筏blog

気をつける。

日和見

昼のテレビでやってる天気の詳細な解説。

あれがほんとに無駄に感じます。

気象予報士を目指している人はいいかもしれません。

でもそうじゃない大多数の人にとっては要らない情報だと思います。

手の込んだ小道具で分かりやすい解説のように思われるかもしれません。

でも実際にそれを理解して自分で予測をたてたり、天気図が読み取れるようになる人はほとんどいないでしょう。

しかも外れる事もしばしば。(最近では外れる事の方が多いかも)

となると、あの解説も道具も無駄であるという事になります。

時間もお金も材料も別に回して欲しい物です。

天気なんて晴れか雨か、暑いか寒いかを15分ごとにテロップで流せば十分だと思います。

そうすれば天気だけを知りたい人もいつでも確認する事ができます。

他に報道すべき問題は山ほどありますよ。

選挙、原発、国際問題、国内外の災害etc..

自分達の生活に深く関わるような問題に目を向けず天気の話題だなんて。


天気は窓の外を見ましょう。

そこから見えない事をテレビでは求めるべきだと思いませんか?

広告を非表示にする