読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筏blog

気をつける。

痴漢は滅びよ

bylines.news.yahoo.co.jp

 
電車内での痴漢ってやっぱり多いんですかね。
僕は自転車通勤なので普段電車に乗る事がない為よくわかりませんが、本当に気持ち悪いです。
本当に。
 
 
よく言われている対策として「満員電車の緩和」があります。
主に鉄道会社にその努力が求められていますが、資金や場所に制約のある企業努力だけでは解消は難しいでしょう。
 
「通勤、通学時間をずらす」
 
「有給休暇を増やす」
 
「職場近くへ引っ越す」
 
等の社会的な取り組みが必要だと思います。
その電車内の過密状態を自分達で作り上げているという自覚がないんですよね。
これから一極集中型の都市のあり方を見直さなくてはなりません。
 
 
ただしそれは一番の解決策ではありません。
一極集中型都市(特に東京)については別の機会に考えるとして、痴漢においての直接的な有効策は
 
「痴漢は犯罪という認識」
 
「犯罪を許さない姿勢」
 
「男女平等、人権意識の向上」
 
が必要です。
逆に言うと日本社会はその点が不足しているということになります。
人としての質の問題ですね。
 
 
ところで電車の遅延情報で「線路内に人が立ち入ったため遅れます」というアナウンスは痴漢が発生した事の隠語だとまことしやかに言われていますが、実際のところどうなんでしょうね?
隠しているとしたならば僕はそれがいけないと思うのですよ!
なのでこれからは痴漢のせいで電車が遅れる場合に
 
『痴漢発生のため遅延いたします』
 
とはっきりアナウンスしたらいいと思います。
そうしたら他の痴漢予備軍への抑止力になるでしょう。
周囲の人たちも意識しますし、申し出やすい雰囲気も出ると思うので今よりも取り締まることができるのではないでしょうか。
痴漢を糾弾する声も強くなって犯罪を許さない社会が醸成されると思います。
まあ痴漢の心理がわからないので確信はありませんけど。
 
 
現在の電車内でのアナウンスは問題を曖昧にしてしまう日本社会の表れですよ。
だからはっきり言って欲しいです!
・・・でも鉄道会社は冤罪リスクを考慮してそんな放送なんてできないんだろうなあ。
じゃあ確定した件数を公表するとか?
う〜ん、企業イメージを考えると難しいかなあ。
一体どうしたらいいんでしょうね。
 
 
 もーほんとに滅んで欲しい!!
 
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする