筏blog

気をつける。

いろんな意味でやばい「養老天命反転地」

今週のお題「今年見に行ってよかったもの」

 

愛知県に出張終わりの週末、愛知在住の友人宅に泊まらせてもらいました。

そして観光案内をしてもらったのが岐阜県にある「養老天命反転地」です。

商業施設や都会っぽいキラキラした場所じゃなくて大きい公園とかでいいとリクエストしたのでそこに連れて行ってくれました。

 

retrip.jp

 

一言で言うと

 

『デンジャラス』

 

いや〜もうこの上なくデンジャラスでしたね〜。

 

 

「そびえる岩山!」

f:id:topbwoy:20151212131815j:plain

引用:養老天命反転地 2012.1.8 - ■□■ Mac's-MAX ! ■□■ 名古屋・中部観光写真ブログ

 

鋭角な岩が積み重なって山になっています。

登りやすい階段・手すりそんなものは一切ありません。

足を滑らせたら流血必至!

でも安心してください。ヘルメットの貸し出しをしていますよ。(←そうじゃないだろ)

 

「あっ・・・ってなるメッセージ!」

f:id:topbwoy:20151212132426j:image 

設計者がアーティストであり、ぶっ飛んだ思想を持った人なので全てにおいてメッセージ性に富んでいます。

「死なないための道」と書かれています。

(下の英語表記で"NOT"が切れてしまいましたがその方が真理ですね)

日本列島のモチーフが各所で使われていて思想、宗教観が垣間見えます。

数千年後謎の遺跡として発掘される日が来るかもしれません。。。(笑)

 

他の場所も急角度、安全対策まるで無しの危険地帯のオンパレード。

でもそこに来ていた子供達は本当に楽しそうにしてました。

僕も友人の子供達と走り回って遊びました(笑)

かなり楽しかったんですが安全性を終始気にして子供の挙動にハラハラしていたので、自分も大人になったなあと思ってしまいましたね。

 

オススメしたいけど本当に危ないのでもし行く際は気をつけてください!

 あと入園料が750円と高く感じたのですが訴訟に備えてプールしているんでしょうか。

 

 

ちなみに荒川修作さんは三鷹天命反転住宅を設計した人です。

matome.naver.jp

 

ハッタリもここまで行くと人に認められるんだ(憧れ)

matome.naver.jp

広告を非表示にする