筏blog

気をつける。

命の値段

強盗殺人のニュースを見た人が「こんなはした金で人を殺すなんて」と言う。

じゃあいくらなら納得できるのかな?
 
百万?一千万?一億?
 
 
あなたはその金額をぽんと目の前に置かれたら人を殺せますか?
ほとんどの人が無理だと思うでしょう。「こんなはした金で」というのは金額ではなく、そもそも人を殺める事がいけないんだという視点が欠けている発言に感じます。
でもそれもそのはず、この世界では命よりもお金の方が尊重されています。僕たちは日頃から命とお金を天秤にかける機会に接しているのです。さらに数百億円絡めば国が率先して人を殺しにかかりますし、誰も罰される事はありません。
 

news.biglobe.ne.jp

今月3日に米軍が「国境なき医師団」の病院を爆撃し、スタッフ、患者に死傷者が出たそうです。国連人権高等弁務官事務所が「犯罪の可能性さえある」と非難しました。

 

これは紛れもない殺人ですが、犯罪並に大きな事件だと表現しただけで犯罪だとは認定していないのです。「それが戦争だからしょうがない」と思うのは思考停止ですし、間違った考えです。僕たちはこれから先の未来、いえ今すぐにでも戦争を無くす為にどうすべきかを本気で考えなければなりません。

 

戦争はどこか遠い国の事件ではなく日常の延長線上にあるので、僕らが日頃の生活の中でも気をつける事は十分できるはずです。

 

 

bakazee.hatenablog.com

 

広告を非表示にする