筏blog

気をつける。

いつもの食事でダイエット

f:id:topbwoy:20150901224707j:plain

 

最近痩せてイケメンになったね!ってよく言われます。

 

実際痩せましたしそれがキープできてます。

 
やったぜ。
 
 
 
 
すいません。イケメンとは言われていません(笑)
 
痩せたのは本当です。
 
ダイエット方法にもいろいろあると思いますが、運動で痩せようとすると時間がかかりますし運動できない時ってのが必ず来ます。
 
仕事が忙しかったり天気が悪くなったりね。
 
なので食事で痩せるのが一番効果的で長続きする方法です。
 
そもそもダイエットって食事制限の事ですしね。運動はエクササイズ。
 
僕が実践している方法では無理な糖質制限食、高額なサプリを摂る必要がなくいつも通りの食事内容で大丈夫です。
 
 
 
 
 
気になるその方法とは!
 
 
 
 
 
 
 
なんとただ食事量を減らすだけ!
 
 
 
 
 
 
 
そしたら痩せます。
 
 
  
 
 
 
 
 
~完~
 
 
 
 
 
 
 
っておい!そんなの当たり前だしその量を減らすのが辛いんだよ!!って話ですよね。
 
ええ、わかっておりますとも。
 
でもその少ない量で満足できる様な「食べ方」があるんですよ!
 
と言ったらどうしますか?やってみたくなりましたか?
 
では具体的な方法を書いていきましょう!
 
 
 
1、環境を整える
 
 f:id:topbwoy:20150901221508j:plain
 
 
テレビ、ネット、雑誌を読む等何かをしながらではなく食事に集中できる環境を作って下さい。
 

 

 
 
 
 
2、姿勢を正す
 
f:id:topbwoy:20150901224047p:plain 
 
まず椅子に腰掛けます。背もたれにはもたれかからないで下さい。
 
お尻の下に出っ張っている骨があります。
 
そのお尻の左右の出っ張り2点で上体を支えます。
 
そして骨盤を前に傾け背骨がS字を描いている事をイメージします。
 

 胸を張りすぎず背中に一枚の板が貼り付いて平面になっている事もイメージして下さい。

 

この姿勢は食事以外で普段座る時にもおすすめです。

 
 
 
3、箸運び
 
それでは食事に取りかかります。
 
お箸を持ちゆっくりと食べ物をつかみます。
 
その時頭の中で「(食物を)運びます、運びます」と実況中継しながらゆっくりと口へ運びます。
 
他の事は考えない様にします。
 
そして口の中へ食べ物を入れたら箸をゆっくりと置きます。置く場所は毎回定位置にして下さい。

 

 
 
 
4、噛む
 
口の中に食べ物を入れて箸を置いたら
 
次は「噛みます、噛みます」と頭の中で実況しながらゆっくり噛みます。
 
ここでもほかの事は考えずに噛む事と口の中の食べ物に集中します。
 
そしていつもより時間をかけて回数を多く噛み、十分に食物が細かくなったら飲み込みます。
 
後は繰り返しです。
 
 
 
 
この方法を実践すると料理の味がより感じられる様になります。
 
これまで他の事に気を取られ食事に集中できていなかったんですよ。
 
しっかりと味わいながら時間をかけ、よく噛む事によって少量の食事でも満足感が得られます。
 
少量というか実はそれで十分だったのです。
 
今までは満腹中枢が働く前にがつがつと食べてしまい量をとり過ぎてしまっていたのですね。
 
余分に摂っていたから太るのです。
 
この方法も初めの内は食べている最中に他の考えが出てきてしまうと思います。
 
その時「あ、雑念だ」と気付いて食事へ意識を戻す様にして下さい。
 
「噛みます、噛みます」をはっきりと意識して他の思考を追い出すイメージです。
 
そうすると雑念が出た時と集中できた時の味の違いがわかるようになります。
 
同じ食べ物でも意識の差で味の感じ方が違う事に気付いたら今まで料理をちゃんと味わっていなかったことがわかります。
 
脳が何を食べているのか認識できると栄養吸収や消化が良くなるとも聞きました。
 

f:id:topbwoy:20150901224743j:plain

 
 
以上の方法ならばいつもの食事で痩せる事ができます。
 
もちろん量を減らせればの話ですが。
 
味の劣る糖質制限食や、高いプロテイン等を飲むだけで1食置き換えるよりも普通の食事の方がおいしいし栄養もあるのでより健康的だと思います。
 
でももしかしたらこっちの方がストイックに感じる人もいるかもしれませんけどね〜。
 
それでもこれから太りやすいシーズンになっていくのでぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?
広告を非表示にする