筏blog

気をつける。

コンプレックスを無くす方法

ここで言うコンプレックスは劣等感(Inferiority complex)です。

僕は昔、自分に対してかなり劣等感を持っていました。

容姿、性格、能力等々とにかく自信が持てませんでしたね。
それである時「何でこんなにも自分はイケてないのか」を考えてみたのです。
ジャニーズみたいな顔面構成じゃない。本を読んでると眠くなる。逆上がりができないetc
もうね、いくらでも出てきますよ。
ですがそう考えていく内にある事に気付きました。
 
 
それは「劣等感はナルシシズムの一種である」という事です。
 
 
ナルシシズムとはご存知の通り自己陶酔。
ざっくり言えば「自分大好き!」って事ですよね。
劣等感は自分が嫌いだからその対極にありそうですが実は隣り合わせなのです。
 

f:id:topbwoy:20150830235859j:plain

カラヴァッジョ画「ナルキッソス

 

なぜ劣等感がナルシシズムの一種であるかと言うと、劣等感を持つのは「頭の中に完璧な自分がいる」からです。
自分は本当はもっと美しいし、才能もあっていい性格をしている。
スーパーマンみたいなもんなんだという理想と、現実の自分を比べた時に大きな差があるのでその不満が劣等感として現れるのです。
完璧であるべき頭の中の自分にとらわれ現実の自分を認められないのです。
つまりナルシシズムも劣等コンプレックスも自分に執着しているのです。
それに気付いた時に僕は「自分がナルシシストなんて柄でもねーな(笑)」って感じで拍子抜けしてそれから楽になりました。
 
結局は心の持ち様でしかありません。(僕が幸運にも単純だった事もあります)
ありのままの自分しか無いのだからまず受け入れるしかないのです。
もしはっきりとした理想があるならばそれに近付ける様に努力したらいいだけです。
行動を始めれば理想は目標になります。
容姿もある程度は変えられるし、性格も努力次第で何とかなります。
性格を直すのは難しいってのもまた心の持ち様です。
性格は変えられます。
自分がイケてないのは努力していないだけだったのです。
なので劣等感を克服するにはナルシシストと同様に自分に執着がある事を知り、ありのままの姿を受け入れるか理想に向け努力するしかありません。
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
 
 
と、ここまでだと問題を見つけるだけで解決には至りませんので具体的な提案までします。
 外見で言うとダイエット、筋トレ、メイク、ファッションで何とかして下さい(雑)
 一番重要なのがやはり内面です。
仮に容姿に自信がなくて整形をしたとしても、それは外見を変えることによって内面を変える事なのです。
整形をして明るくなれるならやってもいいんじゃないかなとも思います。
ですが、もし不満を持つ精神状態のままならばまた別の部位を整形したくなってしまうのでキリがありません。
整形しまくる人達が美しいと思えばそれもいいんですけどね。
あるいは整形した事に対してコンプレックスを抱いて性格がより暗くなってしまう可能性もあります。
 
なのでまずは内面を変える努力をしましょう。
手っ取り早い方法としては、目標になりそうな人を見つけてその人の真似をする事です。
身近に一人くらいは「この人の話し方いいな」とか「この人は皆から人気あるよね」って人がいるでしょう。
その人の事をよく観察して良い面を具体的に見つけ、どう機能しているのかを分析して自分にも取り入れるのです。
きっと明るい、冗談を言う、人を褒める、笑顔でいる等ポジティブな面が見受けられると思います。
それをそのままでもいいのでまずはやってみて下さい。
そうすると大体いい反応が得られるはずです。
そうやって徐々に自信を高めていきましょう!
 
(ちなみに続けていくと違う思いを抱く様になることもあるかもしれませんがそれはまた別のお話)
広告を非表示にする