筏blog

気をつける。

安倍首相に謝らせる

今日戦後70年談話が発表されました。

しばらく前から談話内容にお詫び、侵略の文言が盛り込まれるのかどうかが注目されていました。
連日の報道があったメディア、世論は謝罪を盛り込ませる圧力となったはずです。
そして発表当日となった今日、安倍首相の口からはお詫びと侵略の言葉を聞くことができました。
先ほど聞いていたラジオでその内容を「第三者的、主語がない」等の批判をしている方がいました。
ですが僕はそれこそ第三者的ではないのかと疑問に感じました。
そもそも安倍さんは戦争の加担者ではないので罪の意識を持つ必要はないのです。
もちろん国を代表する立場ですから当然首相としての談話では謝罪が盛り込まれるべきです。そして実際に謝罪の意を表している文章ではありました。(正当化しようともしていたけど)
 
では翻って僕たちはどうすべきなのでしょうか?
戦後生まれの首相に圧力をかけて謝らせる事が平和への道なのでしょうか?被害国への誠意なのでしょうか?
まず自分の先祖が参加した戦争をきちんと振り返っている方はどれだけいるのでしょうか。
「国民は政府に無理矢理戦争へと追いやられた」
「巧妙なプロパガンダに騙された」
「国民は被害者だ」
そう思っているならば反省をしている事にはなりませんし、扇動者によってまた簡単に騙されてしまうでしょう。
 
はっきり言って日本国民は自らは謝罪も反省もしていないのです。本当は騙されたというより自分達の選択によって戦争へと参加したのにも関わらずです。
当時にも現在の嫌韓、嫌中の様な世論が蔓延していたのです。きっと今の中韓嫌いの人達も同じ道を辿れば政府や出版社に騙されたと言うのでしょう。
 

www.sankei.com

鳩山さんは元首相という立場で韓国でひざまづいて深々とお辞儀をしました。
僕は鳩山さんがしたことは立派な事だと思います。日本の戦争責任、謝罪の不足を自分が解決すべき問題として鳩山さんは主体的に行動したのです。
しかし国内では批判の声が大きく聞こえます。(ブクマ参照)
せっかくの謝罪を台無しにしてしまうような発言です。自分たちの先祖の代わりに謝ってもらったのに。
 
僕たちは国の問題を政治家に謝らせる事が間違っていると気付かなくてはなりません。
他人に責任を負わせ何かをやらせるのではなく、自分に出来る事を考えなくてはいけないのです。
広告を非表示にする