筏blog

気をつける。

日本に英語はいらないのか2

これからの英語教育についての続きです。
大学での英語の授業は


必要のない人は履修しなくてもよい。


という制度を作るのがいいでしょう。
前回書いた方法がうまくいけば高校卒業時点において、現在の大学生よりも話せる様になっているはずなのでコミュニケーションツールとしては十分だと思います。
その為それ以上を目指さない人は英語を選択しなくてもよい。
代わりに何か別の勉強、研究に時間をあてる。
大学側が決めた、ある基準以上の資格を取る事を必須にするのもよいでしょう。
そうすれば就職にも即役立ちます。
これで現在の大学生よりも日常会話での英語ができて、他の勉強、研究も深められ高度な資格を持った人達を育成できる事ができます。

では英語を選択した人達はどうするか。
まず英語を勉強したい人達ばかりが集まる訳ですから
レベルの高い授業ができます。
なので目標はビジネス英語を使いこなすまでに設定します。
留学を今以上に推奨し異文化を経験した視野の広い人間性も育てます。
そうすれば海外の実情を知っていて、世界を舞台に活躍できる人材が育成されます。

英語を選択せずに別の資格・技能を持ったスペシャリスト。
英語を選択し海外経験もあるスペシャリスト。
この2つの能力でチームを作れば海外発信が今以上にできます。
これまで海外で知られていなかった日本の魅力を輸出する事になるはずです。
高校卒業者であれば日常会話ができるので、外国人観光客の受け入れももっと柔軟になり、都市部だけではなく他の地方も観光地として脚光を浴びるはずです。

日本は英語教育を変える事で経済、文化的にもっと発展する事が出来ます。
結論として英語は必要です。
ただし本当に身につける為には切り捨てる部分があるのだと思います。

以上勝手な妄想でした。
細かい事を考えていないので、なんだかいい事づくめですね!(笑)
実際にやるとなるといろんな制約や異論があると思います。
ですが現在の英語教育が世界を見渡しても最低レベルなので、今より悪くなる事はないはずです!(笑)
それならばいっそ思い切った事をした方がいいと思います。


あ、ちなみに僕はそれほど英語話せません←


bakazee.hatenablog.com

広告を非表示にする