筏blog

気をつける。

妖怪ブーム

nikkan-spa.jp


最近は「妖怪ウォッチ」をきっかけに妖怪ブームになっているという記事。
テレビを観ない(持ってない)僕でもいろんなところで目にしたり話題を聞いたりするくらいだから本当にブームなんでしょうね。
でも妖怪ウォッチ以前から妖怪に焦点を当てた浮世絵展ってのはこれまで定期的に開かれていたし最近はさらに増えてきていました。
妖怪ブームには周期があって、その盛り上がりの中から妖怪ウォッチが生まれたってのが正しいんだと思います。


それはさておき、元からの妖怪好きはもちろんのこと、妖怪ウォッチを入り口に古典的な妖怪に興味を持った人達にぜひ訪れて欲しい場所があります!!

それがここ「河鍋暁斎記念美術館」kyosai-museum.jp


河鍋暁斎 - Wikipedia

幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、日本画家。
この人は多ジャンルで活躍して作品も数多く残しています。
(多才過ぎて後世の専門家からの評価を受けられず知名度がイマイチ。。。)
でも暁斎は妖怪絵師として妖怪画ファンからは有名です。
ここの美術館ではなんと暁斎のお孫さんが館長を務めていて隔週日曜に講座を開催しています。
(お孫さんと言っても80歳を超えたご婦人ではありますが)
しかしこの方がそのお年を感じさせないはつらつとしたお話をしてくれます。
毎回和服を着てしゃきっとした姿勢、話し方で感心してしまいます。
ただ館長がご高齢、ご多忙なためいつまで講座を続けられるかわかりません。
研究者からは聞けないような貴重な裏話を聞ける機会は今しかないと思います。
なので興味のある方はぜひ訪れて欲しいと思います。
脈々と続く日本の妖怪画の歴史、文化に生で触れてみましょう。

〒335-0003
埼玉県蕨市南町4-36-4
公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館
開館時間 10:00〜16:00
休館日 毎週木曜、毎月26日〜末日

広告を非表示にする