筏blog

気をつける。

遠い憧れ(映画「スーパー8」を観て)

SUPER 8/スーパーエイト

SUPER 8/スーパーエイト ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

SUPER 8/スーパーエイト ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

スティーヴン・スピルバーグ製作 J.J.エイブラムス監督
というヒットメーカー達で作ったSF映画。
でも世間での評価はそんなに高くないようですが。。。
ただ自分としてはいろいろ考えさせられました。
単純にストーリーを重視して観てしまうと、映画としては確かに物足りなく感じます。
ですがそれは大人の意見であって、この映画は子供向けであると思います。

思い返せば自分が子供の頃は夏休みのシーズンになると、少年少女が主人公の冒険・SF映画がよく公開されていたと思います。
そういった映画を観ると「自分と同じ年なのにすごい!!」って憧れたり、自分もそうゆうことをしてみたいって思っていました。
現在この映画を観て物足りなさを感じる人は「大人」になってしまってそういった感情移入ができなくなっているのでしょう。
一見子供向けで大人が喜ぶレリゴーとは逆で、実は子供向け作品と言えるでしょう。


そしてストーリーとは別の所で感じた事もあります。
主人公の少年達が8ミリカメラで自主映画を撮るのですが、それがませた子供の変わった趣味ってわけではなく作品を学校でも上映される機会が実際にあるんです。
そこでアメリカは本当に映画の国なんだなあと思いました。
監督の子供の頃の体験をそこに反映させているらしいです。
アメリカではありえない事ではなく、懐かしい場面なのかもしれません。
その頃から情熱を失わなかった人達が今のハリウッドを支えているんだなと思うと日本の映画が規模で勝てない事は納得できます。

この映画はもう過ぎ去った自分の少年時代を懐かしみながら
現在その燃える季節に生きている子供と一緒に観た方が良い作品だと思います。

広告を非表示にする