読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筏blog

気をつける。

Neon Bunnyへの愛を語らせてくれ2(初来日ライブに行きました)

日記

19:00ゲストライブスタート。

 

f:id:topbwoy:20170307234845j:plain

 

1番手はCUUSHEという女性ボーカル&ギター、男性DJの2人組。

耳をつんざく様な爆音ではないのに腹の底を揺さぶる低音に驚かされます。

花火みたい。

インダストリアルなノイズを含む無機質なトラックに、対象的な儚く可憐な歌声が重なります。

スイーツで言ったら塩キャラメル。(何言ってんだ)

印象的なのは演奏のバックに投影されていた映像作品のクオリティの高さ。

手塚治虫のアニメのような柔らかく可愛らしさのある絵柄でグロテスクなストーリーの作品がありました。

カフカの「変身」DyEの"Fantasy"やAKIRAの鉄雄を彷彿とさせます。

最後の幾何学模様でトロンみたいな感じのもよかったです。

アブストラクトな感じのビートで、グルーヴィーではなかったかな。

彼女達のプレイをNeon Bunnyは僕の真横で体を揺らしながら聴いていました!

ほんとに真横!体の芯芯600ミリの近さです!

ファーーーーーーーーーーーー!!!!!!

この状況は嬉しいというか戸惑いました。

緊張してその時の曲あんまり覚えていません(笑)

 

2番手はSubmerseのDJ MIX.

初めはゆっくりめで綺麗な感じのDUBから徐々にテンションを上げていきます。

変わった音を使っていましたが根底にあるビートやサンプリングからこの人のルーツはHIP HOPだなと思っていたらラップも入ってきました。

これはプレイを観るよりは踊った方がいいやつだぜ!

かっこいい〜上でCD売ってたら買おう!と思いましたが後にそこまで気を回す余裕を失うことになります。

今回友人に付き合ってもらっているので、ここでちょっと気を遣って上でドリンクを飲むことにしました。

久しぶりに会っていい音楽を聴きながら飲んで会話するっていいね。

クランベリージュースだけど。 

今思えば幸せの部品がたくさんある瞬間だった。

 

Submerseの演奏が止まり上にまばらにいた人たちも動き出しました。

ついにこの時が来たのだ。

僕らも階段を降りてステージに歩み寄ります。

見上げるとさっき会話したり隣で踊っていた人がDJブースに立っている。

ああ、本物なんだ。

どうやらNeon Bunnyは日本語が少し分かる様です。 

用意していた感じではなくその場で言葉を選んで話していました。

短い挨拶の後に機材に手を伸ばします。

最新アルバム"Stay Gold"がほぼ収録順に進められていましたがアレンジや音響設備の効果も加わって違う曲のように聴こえます。

でも音量はもっと大きくても良かったな。

打たれても痛みを感じないのが音楽のいいところだ! *1

こんなに素晴らしい音楽をこの人は生み出し、今奏でている。

この音に包まれていると体中に甘美な痺れが広がります。

 

前半はゆったりした曲が続きますが中盤に"It's You"がかかるとそのバウンシーなビートに誘われオーディエンスは体内に充填されたエネルギーを解放していきます。

Neon Bunnyも飛び跳ねています。 

 f:id:topbwoy:20170309235152j:image

英語で「次が最後の曲になります」と話すネオンバニー。

アルバムが元々短いというのもあるのですが、それ以上に時間の感覚が狂ってしまい一瞬の出来事に感じられました。

すると二言目は「1人で来たので寂しいです」となんと日本語で話したのです。

(めっちゃかわいい・・・)とその場の誰もが思ったはず。

そして"Stay Gold"から予定の曲を終えても誰もその場を動きだすことはなく、アンコールは2nd"Happy Ending "から。

家で聴いていると昔のテクノ・ディスコ曲っぽいなーくらいに思っていたのに何てフロア映えする曲だったんだ!!

ネオンバニーの歌声も熱を帯びてCDとは全然違ったバイブレーションを伝えます。

そしてライブ終了。

ネオンバニーが機材を片付けるのを見ながら、本当に終わったんだということを自分にも言い聞かせて階段を上がります。

でもすぐには帰らずバースペースの椅子に座っていました。

それは余韻に浸るというよりも未練だったと思います。

2枚目のTシャツはその時買いました。

そうやってしばらくその空間に身を置いていると、ネオンバニーも上にやってきました。

そしてファンが差し出したCDにサインをしています。

気の利いたスタッフが"Stay Gold"のタイトルに合わせて用意したのであろうと思われる金色のペンを使っていました。

幾人かのCDにサインを終えた後に僕と友人も歩み寄って再び声をかけます。

僕「またTシャツを買いました。それで・・・」と英語に詰まると友達が「この服の背中にサインしてください」と韓国語で補足してくれました。

ネオンバニーは快くその日僕が着ていたブルゾンの背中にサインしてくれました。

 f:id:topbwoy:20170310225205j:image

わー!これはもう宝物だ!すごく自慢したい!

終わってから何日もずっとあの夜の出来事を考えていました。

Neon Bunnyの音楽や全てに対する愛着に完全に囚われていました。 

まるで映画「ザ・ファン」のデニーロのように狂気じみて感じられます。

 

実は僕は今まで大好きなミュージシャンのライブ(コンサート)に行ったことがありませんでした。

高校生の時グリーンデイのライブが台風で中止になったんだぜ・・・。

沖縄のつらいところだ。

でも今回体験したことで、人々がライブに何度も行きたくなる理由がわかったような気がします。

ライブとは生きている感覚そのものなのですね。

自分がこんな風に熱狂するなんて意外です。

自分の想像を超える感情のうねりに驚きながらも、それも自分に備わっている一面なのだと受け入れ表現できるようになることは成長なのかもしれません。

 

そしてもう一つが「記憶が失われていく」ということです。

こうして書いているうちにもあんなに熱狂した記憶の輪郭はだんだんと崩れていき、幾らかのかけらをまとった核が残されるばかりです。

他の人には説明しても、SNSにアップされている動画を見せても、その時の感覚を共有することはできないのは当然ですが自分でも全てを思い出すことはできないのです。

そうなるともはやリアルな夢と同じかもしれません。

始まりの感覚をまた味わいたくて人々はライブに何度も行くのではないでしょうか。 

その場所に訪れたなら再び感動や熱狂を味わうことができるでしょう。

だけどいつかの感覚を振り返りながら。

 

 

ってことで以上感想でした。

まあ次行くと全然違うことを感じるかもしれません。

夏にまたアルバムをリリースする予定らしいのでまた来るといいな。

次にあげるプレゼントもう決めてるもんねー(笑)

興味ある方は次回ご一緒しましょう!

 

 

bakazee.hatenablog.com

 

*1:"Trench Town Rock" 

Neon Bunnyへの愛を語らせてくれ1(初来日ライブに行きました)

Neon Bunny(ネオンバニー)の初来日ライブに行ってきました。

控えめに言ってちぇごや。*1

感電しました。

 

f:id:topbwoy:20170306151747j:image

 

当日3月5日は昼過ぎから出かけて妹、友人と新宿でパイを食べながらパイホールへの愛を一方的に語り、次はヴァーヴへ行ってコーヒーへの愛を語ってうざがられました。

いつも通りの展開です。

ライブ後は名古屋へ戻れたら戻るつもりだったので荷物を持ったままうろついていたらかなり疲れてしまいました。

ライブ前に近くのコンビニに座れる場所があったのでぼーっと過ごしました。

これから始まるのにこんなに疲れてやべーと思いながらどよんとしているうちに開場の時間になったので会場へ向かいます。

入り口の前に10人くらい並んでいたのですが、みんなネオンバニーが目的だよなあと思うと不思議な気分になります。

元々知っているという人に今まで一度も出会った事がないからです。

会話もしていませんが勝手に少しうれしくなりながらエントランスをくぐるといきなり本人がいました!!

うわー!!!!!!!

いや、小さいライブハウスなんてそんなもんですけど。

でも長年の海外の憧れの人がこんな近くにいるなんて衝撃的でした。

その時点でテンションが上がって疲れも吹き飛ぶ。

ああ!何でCDを持って来なかったんだ!!

サインもらえるのにー!!

恐れ多くて話しかけるのにはかなりハードルが高かったですが、この機会は逃せないってことで物販で買ったTシャツにサインしてもらいました。

f:id:topbwoy:20170306151809j:image

2枚買って1枚はサインの保存用、もう1枚は着る用です。

オタクの基本ですね。

自分でも英語で話しかけましたが、細かいことは友達(韓国人)が韓国語で伝えてくれました。

友達に「握手してもらわないの?」って言われたけどそんなの絶対無理!!!

アイドルの握手会とかあるけど、アイドルファンはよく好きなメンバーと握手なんかできるな〜。

そんなことしたら頭がフットーしちゃうよ。

前日千疋屋で買った「せとか」 を一個だけプレゼントしました。

そこまで高いのは自分でも食べたことがないので味が想像できなくてちょっと不安ですけどきっと美味しいはずです。

友達がまた韓国語でいい感じに説明してくれました。

そうじゃないと(なんでみかんを1個・・・)と思われてしまったでしょう(笑)

ネオンバニー本人は思っていたより華奢でシャイな普通の女性でした。

でも僕には後光が差して見えます。

面と向かってほんのちょっと会話できたのが夢のようでした。

サインをもらいプレゼントも渡し終わって一安心したところで自分の感覚の変化に気づけるようになりました。

緊張と興奮で体と頭がじんわり麻痺した感じです。

 

片隅に移動して待つことにしましたが、ライブ開始まではまだまだ30分くらい時間があります。

みんなバースペースで歓談したり写真を撮ったりして過ごしています。

一人で来ている人も多かったです。

それにしてもみんなおしゃれ。

やっぱりこうゆう音楽、場所が好きな人達って感じでした。

僕はお気に入りのダサい服でしたが浮いてる感がすごい。

というか一人で待っている人に話しかければよかった!

数少ない同志ですからね。

その待ち時間中Neon Bunnyもずっとそこにいました。

ガン見すると失礼だと思ってちらちら見ていました(笑)

なんだろうこの目の前にある非現実感。

すでに満ち足りているようだ。

そんな昂ぶるような充足感を味わっていると人が奥に吸い込まれていくように移動していきます。

ゲストミュージシャンのライブ時間になったのです。

 

 

(長くなったので続く)

bakazee.hatenablog.com

 

*1:最高

R-1グランプリ2017感想

日記

R−1グランプリ2017を録画で観ることができたのでその感想。

当然放送後なので事前情報としてアキラ100%が優勝することと、ブルゾンちえみがネタを飛ばしたことはわかっていました。

 

・Aブロック

レイザーラモンRG

トランプ大統領のスピーチネタでした。

RGのネタってあまり観たことがないんですけど面白かったです。

英語訛り風の日本語になるかと思いきや、全編誰でもわかる程度の英語で作っていたのがとてもうまいなと思いました。

渋谷新宿ピーポーのイメージやドラッグストアの落とし方もうまかったです。

ネタのクオリティーに反して票は入らずちょっと過小評価かなと思います。

 

横澤夏子

子持ち主婦の日常ネタ。

あるあるという点では弱かったように思えます。

 

三浦マイルド

フリップネタ。

全く異なるイメージの結び付け方がすごくうまい。

最初の方はどちらとも取れるような言葉でしたが、最後の幼稚園児とヤクザは完全に任侠寄りにしたミスマッチな面白さに切り替わっていましたが、盛り上げていく構成という面でも良かったと思います。

でもうまいな〜と感心されるネタってあまり得点は入らないですよね。

 

サンシャイン池崎(復活ステージ3位)

ジブリネタ。

最近人気があるということはネットで知っていました。

体のバネ強いな〜という印象(笑)

ハイテンションな猫ひろしという感じでした。

なんでもやり通すってのはいいよね。

 

 

・Bブロック

ゆりやんレトリィバァ

清楚系タレントのCM風ネタ。

自分のイメージもうまく利用しているし毒もあって面白かったです。

間の取り方も仕草もあざとさを演出できていてとても良かったのではないでしょうか。

 

石出奈々子

ジブリ風ヒロインin大阪ネタ。

この方は初めて知りました。

サンシャイン池崎の時も思ったのですがジブリを知らない人にはあまり伝わらないですよね。

間口を狭めているようにも思えましたが、みんなジブリ好きだからその点は大丈夫か。

 

ルシファー吉岡

学校の授業ネタ。

ラジオでたまにネタを聞いていたので知っていましたし、好きな芸人です。

でもまともな人がツッコむネタよりは変態キャラをやって欲しかった。

女性に囲まれているグループだったからこそそうして欲しかったです。

 

紺野ぶるま(復活ステージ2位)

中国人占い師ネタ。

偏見と毒舌のある切り口で女性を評していく展開。

面白かったです。

行き過ぎるとただの悪口ですけど、そういうギリギリのとこを狙っていくのもお笑いの良さですね。

 

 

・Cブロック

ブルゾンちえみ

キャリアウーマンネタ。

これからネタ飛ぶんだなーと思いながら見るとなんだかいたたまれなくて辛かったです。

実際にはちょっと引っかかったくらいにも思えましたが、キャラが強気でパーフェクトな設定なだけに世界観が崩れてしまったかもしれません。

なのに視聴者投票がすごく高くて、ただの人気投票やんけと思ってしまいました。

あと数字は35億じゃなくても35億って言った方が面白いかも。

ところでオジンオズボーンのボケの人に似てると思うのは僕だけでしょうか?

 

マツモトクラブ

電車待ちのサラリーマンネタ。

じわじわとくる感じのネタでした。

その分笑うとこもそこまでドカンとくることはありません。

コトコト弱火でできた出来のいいシチューといった感じのネタでした。

 

アキラ100%

お盆で股間を隠し続けるネタ。

優勝するんだなーと思いながら冷静に観ていたのに、ドキドキハラハラとさせられてすごく面白かったです。

審査員の板尾さんが笑いとスリルが組み合わさるとすごく面白いと言っていましたが、まさにその通りでした。

 

おいでやす小田(復活ステージ1位)

変なカップルネタ。

途中までは面白かったのですが、意図しないところで男側の女性に対する変な視点が見えてしまって興ざめしました。

 

 

・決勝

サンシャイン池崎(復活ステージ3位)

でかい剣あるあるネタ

このネタでやっと気づいたのですが、あらびき団で観たことがありました。

あーこの人か!って感じでまあネタも知っていたので普通に観れました。

 

石出奈々子

ジブリヒロイン風テレホンショッピングネタ。

またかーと思って観たら、仕草とかも被っていてまたかーって感じで自分の中ではちょっとハネなかったです。

 

アキラ100%

お盆で股間を隠し続けるネタ。

この人もまたかーっていうかこれしかないだろうという感じですが、でも面白かった。

石出奈々子さんがジブリに頼っているのに対して、この人は全部自分で作りあげたからかもしれません。

途中の審査コメントで清水ミチコさんが「お笑いは圧倒的に男性の世界」と言っていて、僕はそんなことないんじゃないかな〜と思ったのですが、アキラ100%のネタを観てそのことを思い知らされました。

清水ミチコさんは長いキャリアの中でもっとそういう場面を見てきたのでしょう。

それは逆にすごいですし、これからも女性芸人は増えるでしょうが「女性芸人」という括りを超える人はあまりいないかもしれません。

 

というわけでアキラ100%さんが今年は優勝です。

Rー1は優勝者がその後活躍しにくいという特徴があるように思えますが、アキラ100%はどうなるでしょうか。

服を着てコメントで勝負できないとなかなか難しいでしょうね。

生放送で失敗したら大変ですもんね。

前貼りしてたらしてたでその後は冷静に見えてしまいますし。

とても真面目な人っぽい印象を受けました。

これからのゲストトークでテレビでの活躍は決まってくるでしょう。

でもテツandトモみたいに営業で稼げるようにはなるかもしれませんし、まあ素人にはわかりません。

ところで僕が好きな女性芸人は田上よしえなんですけど、彼女はもっと売れると思ったのになー。

千原せいじさんの居酒屋で働いているらしいですが、なんか会うのが憚られて行けませんでした。

好きな人に会うって緊張するよね。

 

 

テレビを観なくなっていたので今人気のある人がわかりませんが、面白かったと思えました。

敗者復活の待機場所にいた平野ノラのはしゃぎ方が面白かった(笑)

観れて良かったです。

やっぱりお笑いっていいな。

パイホール限定メニュー

カフェ グルメ

パイホールにまた行きました。

本当はパイメニューを全制覇してから書こうかと思ったのですが、期間限定メニューがあったので、販売が終わる前に紹介しておきたいと思います。

 

まずはレギュラーメニューの「チキン&コーンブレッド」

f:id:topbwoy:20170306151953j:image

中がクリーミーでコーンポタージュみたいな優しい風味がしました。

美味しい。

 

そしてこれが3月14日(火)までの限定メニューの「ロンリーパイ」

映画"LA LA LAND"(ラ・ラ・ランド)とのコラボレーションレシピなんだそうです。

f:id:topbwoy:20170306152003j:image

びっくりするのがこのビジュアル。

ポテトチップスが乗っています(笑)

でも味はもちろんばっちり美味しいです。

口どけの良いチョコレートガナッシュに、濃厚で塩味のきいたピーナッツバターが絡み合う重厚な味わい。

ポテトチップスの食感、塩味もうまく組み合わさっていました。

ピーナツバターを使っているのでやはりリキ丸くんさんに食べて欲しいです。 

でも限定なので気になった方はお早めに。

 

あと前日はアップルパイにアイスクリームを添えました。

f:id:topbwoy:20170306152013j:image

どうですか?とても美味しそうでしょう?

でも残念ながら味はそこまでマッチしなかったのです。

というのもアップルパイが冷たいままなので、アイスとの温度差のある感覚を味わうことができなかったからです。

しかも店員さんが付けてくれたのがプラスチックのフォークでした。

強度が低いのでかなり食べにくくストレスが溜まりましたね〜。

なので、もしこの組み合わせを頼みたい時は「アップルパイを温めてもらう」「金属のフォーク、ナイフを使う」ようにしてください。

言えばやってもらうことができます。

あとアイスは1スクープでいいのでもっと値段を低くして欲しいな。

そうしたら量も値段もちょうどよく食べきることができるのに。

 

 

bakazee.hatenablog.com

 

人生遊べますか?

日記

こんなお題を見かけました。

 

お題「1か月自由に休みが取れたら何をする?」

 

id:Hachi32TKさんが出題したそうです。

はてなにはこんなイベントがあるんですね。

それじゃあ考えてみようと思ったのですがなかなか難しい。

一カ月ダラダラして終わってしまいそう。

大体の人が旅行って答えるのではないでしょうか。

でも僕は旅行は趣味じゃないしなー。

どこかへ行くとその土地に住みたくなっちゃうんですよね。

旅行だと表面的な気がしてしまいます。

でもブラジルの親戚には会いに行きたいな。

韓国の友達にも会いに行かないといけないのに。

冷たい人間だぜ。

あー何も思い浮かばない。

趣味って答えるのが困るんですよね。

コーヒー、ビールを飲むって趣味って感じではないしそこまで詳しくはないし。

 映画、音楽、アートは好きとか言いつつちょっと好きってレベルだし。

何か特別で意味を見出せないといけないと思っている節があるのでそこがよくないかも。

もっと人生で遊んだり楽しんだりする余裕が必要かもしれない。

もしくは何もしなくても気にしないとか。

それも余裕かな。

ちょっと自分に足りない事だと思いました。

 

って結局答えてないやん。

宗教批判は無意味

社会

トピック「宗教」について

最近女性芸能人が出家したということで宗教について注目が集まっていますが、そのほとんどは否定的な意見です。

 

d.hatena.ne.jp

 

しかし宗教を批判することには意味がありません。

いくら論理的に批判したところでその主張に共感を寄せるのは元々自分と同じような考えの人だけであり、信者を改心させるような事は決してありません。

あんたが宗教に染まる気ないならあんたの説得も聞き入れられるわけないでしょって。

そんなことをしてもお互い反感を持ち対立を生み出す原因にもなります。

 

さらに宗教は憲法でも信仰の自由として保障されていますので、思想弾圧にすらつながります。

そう言うと「批判も憲法で保障された発言の自由だ」と言う人が出るのですが、前述の対立の無意味さを考えるとやらない方が賢明だと思います。

それに信者を傷つけることになったのならもう発言の自由の範疇を超えてしまいます。

宗教に走る人というのは大体何かに絶望していたり、自分ではどうしようもできないことを抱えた「弱った人」だと思います。

僕たちに必要なのはその弱った心をさらに叩くことではなく、彼らに手を差し伸べる優しい心を持つことなのではないでしょうか。

「自分がされて嫌なことは他人にしない」という小学生に教えるレベルの基本的な考え方を「まず自分が実践する」必要がありますし、そしてそれには「強さ」がなくてはいけません。

まあ争っているのはいつも同じレベルの人たちです。

 

それにこの日本型の宗教批判で僕が一番嫌なことは「みんな自分が無宗教だと思っている」という点です。

僕はほとんどの日本人にも信仰心があると考えます。

その無自覚な信仰を「神秘主義的信仰」と勝手に呼んでいます。

自分は無宗教だという人にはその通りの行動をして欲しいものです。

簡単なところでは葬式でお坊さんを呼ばない。

結婚式は教会でやらない。神に誓わない。

クリスマスやその他全ての宗教行事をやらない。

迷信を持たない。例えば幽霊・魂の存在を信じる、血液型占い、雨男・雨女、自分が試合観たら負ける、運が付いている・運が悪い、バチが当たる等々。

それら根拠のないものに心動かされることを完全に断ち切って初めて宗教批判をやってみてはどうでしょう。

自分の愚かさに無自覚な人ほど他人を簡単に批判してしまうのです。

 

 

bakazee.hatenablog.com

 

 

bakazee.hatenablog.com

 

 

bakazee.hatenablog.com

 

マリアージュ

グルメ 日記

コーヒーと共に楽しむ食べ物は何がお好きですか?
「チョコレート」と答える方は多いのではないでしょうか。
チョコレートの原料のカカオもコーヒーと同じように赤道付近で栽培され種子をローストしてチョコレートへと加工されます。
栽培地が近く、ローストした種子であることが共通しており互いに香り、味わいでも例え合う関係です。
その為相性がいいのはリーズナブルであると言えます。

ところで味わいの組み合わせをマリアージュ(mariage)と言う単語で表現しますが、これはフランス語で「結婚」という意味です。
育った環境、似た性質の両者はベストカップルなのです。

「似た者夫婦」という言葉にあるように夫婦は長年連れ添うと似てくるとされていますが、それにも理由があるそうです。
同じ生活、食習慣なので後から似てくる部分もあるのですが、まず相手を選ぶ段階で「自分と似ている人に好意、安心を覚えやすい」という説があります。

それは自分と似た顔である家族に囲まれて生活してきた為に、それに近い人物を脳が受け入れやすいからだそうです。

ちなみに「ペットは飼い主に似る」という現象も同じく飼い主が自分や家族に似た風貌のペットを選んでいるためだそうです。
かなり脱線しましたがコーヒーも結婚も似た者同士だとうまくいく事が多いという事です。(もちろんそうではない場合も)

ちなみに僕がいいコーヒーを飲む時は他に何も要りません。(まさかのちゃぶ台返しですいません笑)
しかしそれは純粋にコーヒーのみの味と香りを楽しむに値するコーヒーの場合です。
コーヒーを飲みながら必ず何かを食べているという方はしばらく控えてみて下さい。
コーヒーだけと向き合うと感覚が養われていきますよ。

コーヒーは様々な自然のエッセンスを含んでいます。
それらに神経を巡らせ高めた感覚によって再びマリアージュを楽しめば、さらなる喜びを知る事ができるでしょう。

それは孤独が愛を見つめる時間を与えてくれる事と似ているかもしれません。

 

 

 

 

これもずっと前に書いた文章なのですが、リキ丸くんさんの記事を読んで思い出しました。

rikimarutti.hatenablog.com

 

試行錯誤しているようで仕上がりが気になります!
プロの世界は頭と体を使う努力の世界なのです。

最近仕事で割と悩み気味なのでお手本を見せて頂いたような思いになりました。
まずは汗かいて試行錯誤だ!